2018年

11月

07日

人の感情を受けない

 他人の感情に敏感な人は、例えば誰かに怒りをぶつけられた時などに、まるで見えない鉄砲に打たれたかのように衝撃を受けます。ネガティブな感情が持つ威力というのはとても強いので、一瞬受けただけの感情の爆発の衝撃が、いつまでも尾を引いて影響を与え続けることだってあります。

 

 過去に受けた他人の感情の爆発に、いつまでも苦しめられたくはないものです。私も長いこと、この”感情の衝撃”を思い返しては、その都度衝撃がフラッシュバックして落ち込む、という経験を繰り返してきました。

 他人の反応や感情に対して、自分のとらえ方が変わってから、このループからようやく抜け出すことができるようになりました。

 

 その人がどんなにネガティブな感情を自分にぶつけてこようが、その感情の出処はその人であって、私ではありません。その人の中の何かが、私という対象に反応して、怒りやら悲しみやら恨みやらの感情を生み出したわけです。その人がそのような反応をしている理由は、その人の内面的な問題です。私はそこには関係がありません。他人が何に反応するかなんて、私には一切責任がないことです。たまたま対象が自分だっただけです。

 誰かの内面の問題にまで、私が責任を負う必要はありません。もしその人が、自分の内側に抱える問題を解決すれば、もう私には怒りをぶつけてこないかもしれません。そして、その人ではなく別の人だったら、同じ「私」に対して、全く別の反応をするかもしれません。人が何に反応して、その時にどんな感情が生まれるかなんて、その人の内面次第で千差万別です。私がどうだからということではないのです。全て、その人の内側の問題です。

 

 だから、どんなに怒りを爆発させている人がいたとしても、どんなに攻撃的な感情を向けられとしても、それを個人的に受け取る必要がないわけです。私の個人的な問題ではないのですから。

 

 もし、人から非難されたり攻撃をされた際、その時の自分にも非があると思うのだったら、それはそれで個別に反省をすればいいだけです。ただその時に、相手から沸き起こっている”感情”まで受け取る必要はありません。感情の渦から離れて、ただその現象から学び取れることにだけ目を向ければいいのです。

 

 

 自分の感情と、他人の感情の区別をしっかりつけることも大事です。これは自分のものなのか、相手のものなのか。自分の感情には責任を持つ必要がありますが、人の感情に対してまではその必要がありません。きちんと区別ができないと、ただスポンジのようになって周囲の想念を吸い取り、翻弄されてしまいます。人の感情や想念に意識的になって、冷静に対処すれば、それに飲み込まれることも、圧倒されて何もできなくなるようなこともなくなります。

 

 それでももし、誰かのネガティブな念を受けてしまったと感じる時は、自分でヒーリングをします。瞑想をしたりお風呂に入ったりエッセンスを飲んだり眠ったり、できることは何でもします。そして、自分のエネルギーフィールドに光を通すようにします。ネガティブな想念は攻撃力はありますが、所詮低い波動のエネルギーなので、光を当てられると消えてしまいます。

 

 ちょっとしたコツとテクニック、そして訓練が必要ですが、私はこれで人の想念に振り回されることが劇的に減りました。

 

2018年

10月

19日

知ることの大切さ

 これまで、「サイコパス」と「ナルシスト」について書いてきましたが、それぞれ程度の差や性格的な特徴などは個人差があります。また、サイコパスなどは先天的な要因も大きいですが、育った環境によっては、上手く社会に適応できている場合もありますし、表に出ている状態は様々かと思います。

 

 また、サイコパスと一見誤解されてしまいそうなタイプとして、アスペルガー症候群等があります。アスペルガーの方は、一般に共感能力が低く、コミュニケーションが苦手であるといわれますが、良心が欠如しているわけではありません。生まれつき良心を持たないサイコパスとは、そこが大きく違います。

 

 

 私がこのブログでこういったお話をするには、理由があります。それは、知るということは、受け入れることにつながるからです。それから、相手を知れば、自分がどのように振る舞えば良いのか、どのような関係でいることが賢い選択なのか、判断がしやすくなります。最近、サイコパスやソシオパス、発達障害といった心理学用語が、広く認知されるようになってきました。大人になってから、自分が発達障害であったことに気づき、それまで自分でも不可解だった自分自身への理解が深まった、という方もいます。また、家族やパートナー、親しく接している人がそういうタイプだったことを知り、それまで理解することができずに苦しんでいたけれど、適切な接し方がわかって関係性が良くなった、というケースもたくさんあります。

 

 

 このブログを読んでくださっている方は、繊細で気持ちが優しく、エネルギーに敏感なタイプが多いかと思います。そういう方というのは、サイコパスやナルシストのような強いエネルギーを放つ人を目の前にした時、よほど自分の軸を保っていないと、簡単にエネルギーを持っていかれる危険性があります。相手の強い渦に巻き込まれないためにも、まずは「知る」ということが大事かと思います。世の中には、自分の欲望を満たす為に他人を平気で利用する人が存在すること、そしてそういう人は、簡単に騙されてしまう心優しい、少し自分に自信がない人達を終始ハンティングしている(自分になびかせる術を心得ている)こと、一度餌食になるとなかなかマインドコントロールから抜け出せなくなること。

 少なくとも、知識があれば、いざそんな人が現れたとしても、自分の中で危険信号が灯り、”危ないよ。距離を置いた方がいい”と内なる声が教えてくれるかもしれません。

 

 あとはやはり、自分軸をしっかり保つ努力はした方が良いと思います。私もそうでしたが、自分の中で確たる自信が定まっていないと、誰か強い人に導いてもらいたい、という気持ちを抱きがちですし、そうした方が楽だったりもします。誰かが言うことに無条件に従っていればいい状態というのは、あれこれ考えたり悩んだりする必要がないし、心強かったりもします。けれど、自分を抜きにして他者に合わせ続けていると、必ずどこかで違和感を感じることが出てきますし、成長も限定的なものになってしまいます。自由と飛躍を心から望んでいるのであれば、誰かの言うことを聞いていさえすればいい、誰かのマネをしていればいい、という制限された環境は、いずれ窮屈に感じるようになっていきます。

 何かを学ぶ時、先生や師匠の下で学ぶことはもちろん有意義なことかもしれませんが、自分を全て明け渡す必要はありません。そもそも、本物の”先生”であれば、決して弟子を自分の思うように利用するようなことはしないはずです。一見、いかにも弟子のことを最優先に考えているように見せていても、実は自分が神のように崇められることで優越感に浸っている人もいます。そういう人は、いつかどこかでボロが出ます。見抜く目を持っていれば、しばらく一緒に過ごせば気づくはずです。

 

 習っていた先生が、弟子達の崇拝を受けるうちに、気分が良くなり、どんどんエゴが肥大化していく様を目の当たりにしたこともあります。人に何かを教える立場の人というのは、よくよく気を付けなければ、いとも簡単に蛇の道に転げ落ちる危険性があります。

 

 

 自分が騙す方にも騙される方にもならないように、人とは適切な距離を保って接する。どうにもならない状況からは、潔く身を引く。どうにもならない人とは、縁を切る(同情心からずるずる付き合っても、双方の為にならない)。相手を変えようとしない。責めるのではなく、理解しようと努める。どうしても逃れられない状況であれば、ポリティカリーコレクトなやり方で、主張や抗議をする。相手が抱えている問題は、相手のもの。そこに自分が絡んでいたとしても、それは相手の問題なので、個人的に受け取らない。自分は自分の問題だけにフォーカスしていればよい。

 

 現実世界を上手に乗り切るために、こんな感覚で人との関係性をとらえるようにしています。

 

 

2018年

10月

16日

ナルシスト

 前回のブログでは、サイコパスについて紹介しました。サイコパスに一見似ているタイプとして、「ナルシスト」があります。サイコパスと共通しているところは、

 

●自己中心的で、自尊心が強い

●自分の欲求を満たすことに労力を惜しまない

 

 あたりかと思われます。サイコパスと違うのは、ナルシストタイプは感情が人並みにあり、良心も持ち合わせていることです。後悔や葛藤を感じ、内面的には実は苦しんでいる所がサイコパスと大きく異なります。また、サイコパスが自分の目的を達成するために手段を選ばないのに対し、ナルシストはある程度常識の範囲内で行動します。自分がかわいいので、批判されたり世間からブロックされることは根本的に恐れています。ただし、自分がかわいい余り周囲が見えなくなっていることもあるので、普通の感覚では考えられないような、突拍子もない言動をとることも時々見受けられるかもしれません。これは、人を傷つけるのが平気なわけではなくて(サイコパスはここが平気)、気づいていないか、見えていないだけです。

 

 ナルシストタイプの人は、人生のどこかの時期において、自尊心を傷つけられたり、自信を失うような経験をしています。と同時に、心の中で「自分は本当はこんな扱いを受ける人間じゃない。自分の人生はこんなことで終わるはずがない」という思いを抱いています。傷ついたプライドと、肥大化したプライドが共存している状態です。そして、再び人生のどこかの段階で、自分のプライドを奪回させられるようなチャンスに出会った時、それまで眠っていた、”自分をもっと認めてほしい”欲求が爆発するのです。

 

 ナルシストが持つ自信には、傍から見ると根拠がないものがほとんどです。一体なぜこの人は、こんなに自分に自信をもっているのか、一体何がすごいのか、他人からしてみれば「さほど大したことない」程度のことであっても、ナルシストはその空虚な自信を生きるよすがにしています。また、容姿はそこそこだったり、良くても人並みより少し上くらいであることが多いのですが、ナルシストは、自分は容姿が大きな武器で、この上なく魅力的であるという幻想に浸っています。

 その他の能力も、ずば抜けて優れていることは稀で、大概メインストリームで活躍していることはありません。ナルシストは基本的に謙虚さが足りないので、さほど努力をせず、自分を客観的に分析する能力もないので、実力も名声もある程度のレベルまでしかいかないものです。

 華やかな世界や、人の上に立つポジションに憧れるので、講師業やインストラクター、タレント(二流以下の)、ヒーラーもどき、飲食業、などによく見受けられます。またヒモやヒモ的な生活を送っている人にも、このタイプが多いようです。いつまでも非現実的な夢を追い続け、自力で生活ができていないのに、「自分はこんなもんじゃない」と言い続けたり、実現不可能な将来設計をとうとうと語るような人です。

 

 ナルシストは、冷静な目で見れば、自分が見えていない、エゴが肥大化した虚しい人物なのですが、どういうわけかその空虚な自信に惹かれ、吸い寄せられるように近づいてしまう人がいるのも事実です。かくいう私も、過去何回か、ナルシストタイプの”先生”にエネルギーを吸い取られた経験があります。

 

 ナルシストに引っかかってしまうタイプにも、特徴があるように思います。

 

●優しい

●エネルギーに敏感(憑依体質)

●人が言うことをすぐに信じてしまう

●自分や自分の考えに自信がない

●人に尽くすことで充足感、あるいは安心感を得られる

●向上心はあるのだけれど、1人で切り開いていく勇気がない

●誰か強い人についていけば、自分の人生が好転するだろうと期待している

●判断を他人に委ねがち。または、他人に決めてもらわないと行動できない

 

 このようなところでしょうか。ナルシストは、自信がなく、共依存体質で、誰かに自分を認めてもらいたがっている人を見つけると、甘い言葉や時には強い言葉を使って、巧みに自分サイドに引き込もうとします。一方で、どういうタイプなら騙せるかということに関しては勘が鋭く働くので、騙せないタイプと知ると、サッと手を引きます。

 

 ナルシストが苦手なタイプは、自信があり、現実的で、自分の考えをしっかり持っている、軸が定まった人です。そういう人には、自分の弱さや足りない部分を見破られることを知っており、どこかで恐れているのでしょう。

 ですから、ナルシストにうっかりハマらないためには、自分がそのような人物になれば良いわけです。

 

 私が過去に、ナルシストから自分を解放できたのも、自分の「軸」がだいぶ固まってきた頃でした。そして、ナルシスト先生の矛盾に気づき始め、次第に違和感を覚えるようになっていったのです。ナルシストは、常に自分が一番でいたいので、弟子が自分より秀でたり、自分よりちやほやされるような状況は決して認めたがりません。指導を受けながら、そこはずっと牽制されているのを感じていました。要所要所で、聞いてもいない過去の自慢話をふってきたり、「あなたは私の下」というニュアンスの言葉を使ってきました。そして、私が先生の矛盾しているセリフを指摘した際、それまで見たこともない程動揺し、赤面して早口で言い訳をまくしたてました。それは支離滅裂で、論点も定まらない、まるで子供のような言い訳でした。ナルシストがボロを見せる時というのは、人物が違っても、おかしいくらい似ていました。

 

 私はこういうレッスンを何度か経験して、ようやく自分の弱さと、真の意味で自信を持つということの大切さを学びました。それから、人を見る目も養われました。今では、なぜか自信たっぷりな人を見かけても動揺することはありません。本当に自信がある人は、決してそれを表に出そうとしないことを知っているからです。そして、魂が磨かれていけばいくほど、人は謙虚になります。自分をよく見せようとしていたり、プライドや威圧感が前面に出ているということは、その人がまだ未熟で、心が満たされていないという証拠です。

 

 私は決して、ナルシストを責めるつもりはありません。その人なりの苦しみや悲しみがあることも知りました。彼らも、何かを学んでいる最中なのでしょう。ただ、私はもう、そういう人とは距離を置き、できるだけ関わらないようにしています。

 過去にそういった人と関わった自分を責めた時期もありまし、仕返しをしたいくらいの怒りを抱いていたこともありましたが、今ではどの経験も大切なレッスンだったと思えるようになりました。あの経験がなかったら、またどこかで同じような人といびつな関係性で繋がってしまっていたかもしれません。人を頼り過ぎず、内なる声を信頼しさえすれば、何も怖くないのだということも、紆余曲折を経てきたからこそ、たどり着いた答えです。

 

 もし、そういう人と出会ったことがあったり、今現在関わっている方がいたら、私が経験から学んだことが少しでも気づきの助けとなれば幸いです。

 

 

2018年

10月

01日

念エネルギーの影響を受けないために

 私達人間は、社会的な生き物です。たった1人では生きていくことができず、生まれてからこの世を去る時まで、様々な人との関わりの中で生きています。何らかの形で関わりを持っている人とは、エネルギー的にも繋がりができているものです。見えないパイプの太さは様々ですが、一般的に、肉親や親しい関係性、もしくは会う頻度が高い人程、エネルギー的な繋がりも強くなりがちです。

 

 エネルギーに敏感な方は、自分のエネルギーフィールドに異質なものが入ってきた時や、誰とどのようなエネルギー的な繋がりができているかなど、普段から自然に感じることができているかと思います。何となくこの場所は良い感じがしないな、と最初に感じた場所でしばらく過ごしたりすると、体が重たく感じたり、頭痛がしたり、気分が悪くなったりすることはないでしょうか。また、とてもネガティブなエネルギーを発している人の近くにいった時、刺すようなマイナスエネルギーの刺激を”感じた”経験はないでしょうか。

 

 エネルギーの世界では、物理的に接触を持つことをせずとも、想念を飛ばしたり、サイキックな技術を使って相手のエネルギーフィールドをかき回すようなこともできてしまいます。良識的に考えて、他者を傷つけるようなエネルギーの使い方をするのはご法度なはずですが、この世にはそのような形で他人をエネルギー的にコントロールしようとする人が存在しているのも事実です。

 意識的に他人のエネルギーフィールドに侵入するようなサイキック能力を持たずとも、無意識的に念を飛ばしたりして、相手といびつな形で繋がってしまうこともあります。自分が加害者となる場合もありますし、被害にあうこともあるでしょう。

 

 少しおどろおどろしい話になりますが、この世にもういない人の想念が、特定の物や場所に宿っていることもあります。

 

 私達は見える世界と同時に、見えない世界の中にも存在しているので、できれば定期的に、自分のエネルギーフィールドをお掃除するのがお勧めです。様々な方法があるかと思いますが、私はやはり普段からフラワーエッセンスやアンジェリックエッセンスのお世話になることが多いです。

 特に、人の想念を取り除く力が強いと感じるのが、アンジェリックの『Shamanic Extraction』です。これを飲んでいると、普段から様々な場所で様々な人と関わりを持っていて、特定の人の念エネルギーがやってくることがあっても、それをはじき返してくれているのがわかります。

 これと一緒に、『Archangel Michael』や『Courage』を飲んでいれば、周囲の目や、誰かの思いに必要以上に振り回されることなく、自分の意思を貫きやすくなります。

 

 フラワーエッセンスが手元になかったら、一日の終わりに粗塩を入れたお風呂にゆっくりと浸かるだけでも、ネガティブなエネルギーはかなり出ていってくれます。また、瞑想をすると、自分のエネルギーフィールドがみえやすくなるので、自分が誰とどのようなパイプで繋がっているかなどを感じる事ができます。

 もし、誰か特定の人といびつな形で繋がってしまっていると感じ、その鎖を断ち切りたいと望むのであれば、やはり一番効果的なのは、その人と物理的な距離を置くことです。とにかく会わない。関わらない。電話やメールも、念が飛んでくるのでやめた方が良いです。エネルギー的に太いパイプで繋がっていると、離れた方が良くても、なぜか「離れる」という発想が湧かないことが多いので、ここは強い意志が必要です。実は、その人と離れる方法は存在しているのに、自分の顕在意識や恐れが、それはできない、と解釈してしまっているのです。いわゆる洗脳されている時というのは、そういう状態かと思います。

 

 私は、フラワーエッセンスの助けを借りたり、瞑想をするようになってから、必要以上に他人に振り回されることなく、本当の自分にとって望ましい選択は何なのか、だいぶ冷静に分析して判断できるようになってきました。誰かに依存したり、依存されたりすることは、本当は不自然な状態で、自分の意思で自由に選択できる状態が一番自然な形です。そのように自分の意思で選択していけば、スムーズに道が拓かれていきますし、自由でいることが、その人の能力を最大に開花させる条件でもあります。

 

2018年

9月

04日

愛VS恐れと我欲

 ここ最近、世の中の動きを観察していると、以前にも増して、不正やごまかしなど、今まで埋もれていた隠し事が表面に出てくる事例が立て続けに起こっていると感じます。地球全体のエネルギー(波動)が上がってきているので、愛と対局にある、恐れや我欲に基づいた人々の動きがどんどん表面化し、禊が行われているようです。浄化のために、自然とあぶり出されてきているのでしょう。

 この傾向は、この先ますます大きくなると思われます。そういう流れのようです。

 

 これは、世の中全体の動きだけではなく、個人的な出来事としても起こっています。今まで自分の奥底にしまい込まれていた、恐れや不安、怒り、悲しみなどが、パカッと蓋が空いたかのように表に出てきている方が増えています。それは全て浄化のために出てきていることなので、これを機にしっかりと向き合い、自分を癒し、解放していくのが良いかと思います。一度そうなったら、もう元には戻れない(”気づかなかった”ことにはできない)ので、再び無理やり封印しようとしても、ものすごい抵抗が戻ってくるだけです。

 こうなった時に、自分の中から湧き出てくる諸々の感情を他人にぶつけようとしても、うまくいかないどころか、出したエネルギーが自分に戻ってくるだけなので、お勧めしません。「こうなったのは〇〇のせい」と、起こった出来事を自分以外の誰かのせいや、環境のせいにしたところで、本当の癒しは起こりません。一方で、もう自分に嘘をついて生きていくのはやめようと腹をくくり、今まで見ないようにしていた心の内面にきちんと向き合う勇気が持てた人には、見える世界&見えない世界からの強力な応援やサポートもやってきます。

 

 何かを始めようとする時、何かを決断する時にも、それが愛に基づいた選択であれば、たくさんのサポートがやってきて、まるで波に乗るかのようにスムーズに事が進んでいく、ということが起こりやすくなっています。反対に、恐れや我欲に基づいた選択であれば、上手くいかなかったり、妨害が入ったり、どんどん空回りして前に進めない状態が続いたり、場合によってはこっぴどいお仕置きが待っていたり、という状況が起こりがちです。このことは、何となく自覚されている方も多いのではないかと思います。

 私自身も、特に最近、このような「愛VS恐れ・我欲」の構造を目の当たりにする出来事が増えていて、結局根底に愛さえあれば、何も怖くないんだなという確信に至っています。例えば最近の例で言うと、娘の部活問題。本当に生徒のことを思いやったやり方ではなく、己のエゴを満たすために生徒を利用するような部活の運営は、結局うまく回らなくなるのだな、と感じています。そして、そんな部活で苦しんでいる中学生達を助けたい、何かできることがあったらしてあげたい、と望んでいたら、あちこちからたくさんの助けがやってきて、動かされるようにして動く流れになり、改善の方向に進んでいます。

 こんな風に、愛に基づいた願いを宇宙に放出していれば、パーフェクトなタイミングでチャンスがやってくるので、それが来たら(ピンときたら)すかさず行動に起こす。これを繰り返していれば、どんどん波に乗れて、どんどん望む方向に導かれていきます。ただし、何度も言いますが、恐れや我欲に基づいた願いは、大きな痛手を食らうことになりますので、十分気を付けてください。巷で売られている「引き寄せ」のツールを書いた本にも、そもそも我欲に基づいた内容のものが数多く含まれていますので、本物か嘘かを見極める眼力を持っていなければ、そちらに引っ張られて堕ちていく可能性があります。

 愛に基づいた引き寄せは、お金や名誉を求める引き寄せとはベクトルが違います。恐れや我欲に基づいた引き寄せは、いずれ必ず立ち行かなくなり、将来的に破滅の方向に向かっていくはずです。表面上のきらびやかな世界に惑わされることなく、芯をしっかり保って、自分の選択が愛からくるものなのか、それとも恐れや我欲からくるものなのか、どうぞご自身に問いかけながら進んで行ってください。

 

2018年

7月

18日

酷暑のさなかのエッセンス

 フラワーエッセンスをご愛用の方は、エネルギーに敏感なタイプが多いようです。そのためか、”バリアー・プロテクション系”や”浄化・クリアリング系”のエッセンスが自然と人気になっています。うぶすなでも、よくそういったエッセンスのリクエストを頂きます。

 様々なメーカーさんが、バリアー系、浄化系エッセンスを扱っています。単品のエッセンスもありますし、数種類がミックスされているコンビネーションタイプもあります。

 それぞれ好みや相性などもあると思いますので、ピンときたものや、一度使ってみて効果を体感したものなどを選ぶといいかもしれません。

 

 私も、個人的にブレンドしたバリアー系のエッセンス、浄化系のエッセンスを常備しているのですが、両方共ほぼ毎日のようにお世話になっています。どこかに出かける前は、必ずバリアー系エッセンスを飲みます。これを飲んで行った日と飲まなかった日とでは、帰ってきてからの自分の状態がが全く異なります。フラワーエッセンスに出会う前は、人混みや様々な人が交わる場所に行った後には、必ずと言ってよいほど体が重くなったり、頭痛がしたり、気分が悪くなったりしていたのですが、バリアーのエッセンスを飲んで行くとそういうことがありません。自分がエネルギーフィールドの中で守られている感覚があります。

 また、バリアー系を飲んで行くのを忘れて出かけた際、少し重たいエネルギーがついてしまったなと感じても、浄化系のエッセンスを飲むとスーッと軽くなって、気分がスッキリします。何かショッキングな体験をしたり、見たり聞いたりした時、頭の中に焼き付いた映像が離れなかったり、誰かの言葉や念などが突き刺さって取れていないように感じる時などにも、浄化系のエッセンスは助けてくれます。

 

 最近は酷暑が続いているので、新しく作ったバリアー系のトリートメントボトルに、オーストラリアンブッシュの「ムラムラ」を入れています。これは、”火”にまつわるトラウマや、火傷、日焼け、ほてりなどに対応してくれるエッセンスで、強い日ざしを受ける前に飲んで行くと、そのダメージを直で受けるのを防いでくれる感覚があります。ワークショップの時にも、フィールドワークに出かける直前、イアンさんが参加者たちに、「皆さん、今日は暑いので”ムラムラ”を飲んで行くのを忘れないで!」とおっしゃっていました。

 私は暑さが苦手で、例年この季節になると外出するのが億劫になっていたのですが、ムラムラを飲むようになったら、不思議とこの猛暑のさなかでも、外に出るのがさほど苦痛ではなくなりました。強い日差しを浴びても、なぜか耐えられるというか、ダメージが少ない感覚があるのです。苦痛が軽減されている感じです。そのためか、最近会う人会う人に、「日焼けしましたね」と言われます。「綺麗に焼けていますね」とも言われます。そういえば、日焼けで赤く腫れることもなくなりました。(一応日焼け止めは塗っていますが)

 また、中学生の娘はとてもハードな運動部に入っているので、親としては熱中症にならないか心配です。一日中外で試合がある日などには、必ず水筒にムラムラを入れるようにしています。本人に「最近暑いけど大丈夫?」と聞いてみたら、「そんなに暑いっけ?」との答え。暑さの影響を和らげてくれるエッセンスを入れていることを伝えたら、「そういえば、暑いは暑いんだけど、辛いとかもう嫌だとかは思わない」とのことです。

 エネルギーフィールドでバリアーが張られていると、肉体レベルでもダメージが少なくなるのだなと思います。

 

 ちなみに浄化系のエッセンスは、家族全員のトリートメントボトルにそれぞれ必ず入れています。仕事や学校などで、日々様々な人と関わっていろんな経験をしていると思いますが、家に帰ってきた時は一度リフレッシュして、また次の日へのエネルギーをチャージしてほしいなと思うからです。ただいまと帰ってきた時に、少しキツイ目をしているなと感じた時でも、エッセンスを飲んでしばらくすると、少しずつ表情が和らいでいくのがわかります。

 

2018年

7月

15日

オーストラリアンブッシュワークショップ報告②

 ワークショップ二日目には、屋外に出て自然を感じるフィールドワークも行いました。ワークショップの主催者ネイチャーワールドさんの建物から歩いて数分の所にある、とても気持ちの良い緑道です。

 そこでしばらくお散歩(?)をした後、涼しい木陰がある場所で、イアンさんが自然界と自然霊の話をしてくださいました。

 

 イアンさんによると、数年前くらいから、自然界と人間界との間にあったヴェールが薄らいできているのだそうです。今の時代に生きている私たちは、数十年前と比べると格段に自然界(霊)とのコンタクトがとりやすくなっているとのこと。

 庭仕事の途中に精霊に出会ったという、イアンさんの友人の話など興味深かったです。その友人は、下半身が獣で上半身が人間の姿をした精霊が歩いているのを見たそうなのですが、その精霊と目が合った時、向こうは自分の姿が見えていることに驚き、一度通り過ぎようとしたけれど再び戻ってきて、『オレの姿が見えるのか?』と聞いてきたのだそうです。

 

 イアンさん自身も、たくさんの自然霊の協力を得てエッセンス作りをしています。諸々の自然霊を引き連れて歩いているような人なので、フィールドワークの時にもそうした存在が背後で協力してくれているのを感じました。

 フィールドワークの最後の方で、”スピリチュアル・グリーティング”という祈りの言葉を全員で唱えたのですが、その祈りを唱えた後、自然界や精霊界との境界線がフワッと薄れたのを感じました。各々の木には精霊が宿り、鳥たちの鳴き声にはメッセージが込められ、風は何かを運んできてくれている・・・そんな自然界が発しているバイブレーションを、感じようとしてこなかったのは人間の方であって、あちらの世界が拒絶していたわけではないんだな、と思いました。壁を作っているのは、私達の意識でしかないのかもしれません。

 このフィールドワーク以降、日々の生活の中でも、できるだけ”自然”にふれあい、そこに宿るスピリットの存在を感じるようにしています。こういう感性というのは、スピリチュアルマッスルなどと言ったりもしますが、筋肉と一緒で、鍛えれば鍛える程強化されていきます。「自分にはそういう能力がないから」などと思い込んで感性をフルに使う努力をしないのはもったいないです。スピリチュアリティ(霊性)は本来誰にでも備わっているものなので、感性を磨いていこうという意識を強くもっていれば、時代のエネルギーも手伝って、どんどん開花されていくと思います。

 

2018年

7月

04日

オーストラリアンブッシュワークショップ報告①

 オーストラリアンブッシュフラワーエッセンスのワークショップ「レベル2」を受けてきました。

 

 相変わらず目の覚めるようなカラーのスーツに身を包んだイアンさん。今回もたくさん深淵な知識を授けてくださいました。大変濃密な2日間でした。

 

 オーストラリアンブッシュ(AB)のエッセンスは、飲んだ方がエネルギーを感じやすいようで、具体的な変化も起こりやすく、ファンがとても多いです。スピリチュアルな変容をもたらしつつ、現実的な問題解決にもわかりやすく繋げてくれますし、エッセンスを飲んだからといってフワフワと地に足がつかない状態が続くようなことはまず起こりません。

 

 エッセンスは、作り手さんの個性が反映されるものですが、ABエッセンスがこのように堅実な変化をもたらしてくれるのは、作り手であるイアンさんのキャラクターが強く影響しているような気がします。イアンさんは、スピリチュアルな深い知識をお持ちで、見えない世界とも強く繋がっていらっしゃる方ですが、同時にしっかりと地に足をつけた、現実的な考え方をなさる方でもあります。話は非常にわかりやすく、筋道が通って論理的ですし、地球や自然界との繋がりもとても大切になさっています。スピリチュアリティを高めながら、しっかりとグラウンディングして生きるとは、こういうことなんだなと思います。

 スピリチュアルに興味があり、見えない世界との繋がりが元々強いタイプの方は、ともすればそちらの世界に引っ張られ過ぎてしまい、現実との折り合いをつけて生きるのが難しくなることがあります。スピリチュアルな世界は美しく、パワーも強いですし、惹かれるのは当然かもしれません。けれど私達は意味あって今こちらの世界にやってきているので、あまりスピスピし過ぎて現実が嫌になってしまうと、こちらでのミッションになかなか辿り着けなくなってしまいます。なんでもバランスが大事なので、スピリチュアリティとグラウンディング、この二つを同時に意識して、極端な方向に偏り過ぎないように気を付けた方が、いろいろとうまく回っていきます。

 

 イアンさんはアボリジニの方々とも深い繋がりを持っていらっしゃるのですが、元々アボリジニというのは、しっかりグラウンディングをしている人々なのだそうです。地に足をつけつつ、スピリチュアリティを追求しているというわけです。ABエッセンスは、そのエネルギーを持っているとの話に、納得がいきました。

 

 

 足場が不安定な崖の上の花を採取したり、ワニやヒルがうようよいる池に入っていったり、トゲのある花で怪我をしそうになったりと、エッセンス作りも楽ではありません、とおっしゃっていました。今でも個々の花からエッセンスを作るのはイアンさんだけなのだそうですが、広いオーストラリアの大地をあちこち駆け回ってエッセンス作りをやりつつ、毎年世界各地でワークショップを開いているだなんて、そのバイタリティに頭が下がります。

 スーパーマンのようなイアンさんですが、数年前に車の事故に遭った時の話をしてくださった時には、”裁判のことを考えていたら頭の中でいろいろなことがグルグルまわってしまい、それを鎮めるエッセンスをとった”とおっしゃっていました。イアンさんほどの方でも、そんなことがあるんだな、と少しホッとしたりしました。

 最初は意外だったのですが、イアンさんはジョークもお好きで、たまにきわどい冗談を真顔でとばすお茶目な一面もお持ちです。スピリチュアルに生きるといっても、人間らしさってやっぱり大事だよなあ、と思います。

 

 今回のワークショップでは、ここに書ききれない程多くの貴重な話を聞いてきましたが、中でも"The power of prayer"(祈りの力)を強く私が確信することになった、ある女性の話が印象的でした。

 

 ある女性が高速道路を運転していると、前の方で事故があったようで、車が渋滞でとまりました。その女性は、事故に巻き込まれた方々のために、運転席で癒しの祈りをしました。

 6週間後、その女性の家のドアをノックする音がしました。ドアを開けてみると、見知らぬ女の人が花束を抱えて立っていました。そしてこのように言いました。

 

『私は交通事故でひどい怪我を負ったものです。意識が抜けていた(体外離脱をしていた)際、あなたの車の中から、癒しの白い光がとんでくるのがわかりました』

 

 その方は、ヒーリングエネルギーを送ってくれたことに感謝をしに来たのです。意識が宙を飛んでいる時、ナンバープレートも目に入ったため、病院にいる間、どの方が自分にヒーリングエネルギーを送ってくれたのかが分かったのだそうです。

 

・・・イアンさんはこの話を、強い肉体的・精神的ショックを経験した時に人は体外離脱をすることがある、という説明の一環で話してくださったのですが、私は祈りの力って本当に具体的に存在しているんだな、と強く思いました。体感的に感じてはいましたが、こういう話を聞くと、それが確信に変わります。

 

 これまでもうぶすなのセッションでABエッセンスは使ってきましたが、ワークショップで1つ1つの花とそのエッセンスのディープな説明を受けたことで、また更に理解が深まったように感じます。今回のワークショップで得られた知識と経験を活かしつつ、私自身が向上していく努力を続け、皆さんに還元していけたらと思っています。

 

 

2018年

5月

07日

タロットのこと

 うぶすなでは、ご希望されたお客様には、無料でタロットセッションをしています。私が行うタロットは、いわゆる”占い”としてのものではありません。人の未来など、その人次第で一瞬先の出来事も、いくらでも変わる可能性があります。そのような未知数の出来事を、まるでその通りのことが起こるかのように決めつけてしまうのはとても危険なことだ、と強く思うようになってから、未来予測のようなことはしないように気を付けています。

 

 私は、タロットとは、その方の潜在意識を映し出すもの、と思っています。不思議なことに、タロットのカードを広げていると、カード(なのかそのカードがもつエネルギーなのか)がメッセージを発しているように感じます。カードの出たポジションや向き、隣り合うカードとの関連性などを読み解いていくと、その方がどのような流れで今の状況に至り、本質的には何を望んでいるのか、そして何を恐れているのか、手放すべきことは何か、逆にどんどん開発していくべきことは何か、ということがみえてきます。その方の高次の意識が、カードを使ってメッセージを送っているのだと思います。私はただ、感じ取り、読み取った内容をそのままお伝えします。その時、個人的な感情や思い込みはできるだけ排除し、メッセージを伝える媒体に徹するようにしています。

 

 リーディングを無料にすることに決めたのも、そこにお金のやり取りが入ることで、どうしてもエネルギーが濁ってしまうように感じたからです。お金を頂かなくなってから、より、メッセージがクリアーで力強いものになったような気がします。初めてお会いした方でも、「どうしてそんなことがわかるんですか」と驚かれることがあります。「どうして」と言われても、私自身にもわかりません。どうしてこのようなことがわかるのか、私にも毎回わからないのです。ただ、その時に感じることを言っているだけです。

 

 タロットは、私たちが日常の様々な出来事に忙殺され、本当の自分、本当の自分の望みを忘れてしまっているような時、あなたが進むべき道はこちらですよ、と、高い次元から改めて導いてもらうためのツールのような気がします。私自身も、迷ったり悩んだりして行き詰った時は、無心でタロットを広げます。そしていつも、ハッとさせられたり、勇気づけられたリ、自信をもらったりしています。何より大きいのは、私はたった1人ではない、どんな存在かはわからないけれど、私を応援して、導いてくれる頼もしい存在がいる、という確信を得ることができ、大きな安心感に包まることです。

 

2018年

2月

15日

祈りのちから②

 ミッション系の幼稚園でいわゆるクリスチャンの”お祈り”を経験していた私ですが、家には神棚もありました。お墓参りをする際や、仏壇の前でも手を合わせます。なんとなく、キリスト教風の”お祈り”と、神棚や仏閣での”お参り”は別物、というイメージをずっと抱いていたのですが、次第に私の中で、これらの行為が共通するものとして感じられるようになってきました。

 祈りとは、高次のスピリットに畏敬と感謝の念を伝え、そして時には助力を願い、自分の意思を表明する。こうした、自分と”神”的な存在とのコミュニケーション手段であるような気がします。祈りとは相互の力が働くものだというのも、最近強く感じています。つまり、こちらから高次の存在に一方的に何かを伝えるだけでなくて、向こうからも何かしらフィードバックがもらえるものだということです。

 

 何年か前、実家に帰省した際、仏壇の前で手を合わせて拝んでいました。そこには亡くなった祖父母が祀られているのですが、私はその時、自分の両親(祖父母にとっては息子と嫁)をいつも守っていてください、とお祈りしていたのです。すると、全身がとても暖かいエネルギーで満たされていくのを感じました。物理的な熱を感じるほどの、ビリビリとした、力強いエネルギーでした。優しい愛のエネルギーに包まれながら、私はそれが祖父母からのメッセージであると感じました。

 特に仏壇がなくても、亡くなった人のことを思い、こちらからメッセージを送ると、何かしらの形で返答が返ってくることが多々あります。それは、温かいエネルギーだったり、パッと目に飛び込んできた文字だったり、音楽だったり、動物だったり、繰り返しやってくる単語だったりといろいろです。スピリットは、物理的な肉体を持たないので、こうした形で生きている人間とコミュニケーションをとろうとするようです。

 

 また私は普段から、何となく調子が悪いなとか、外部からあまり良くないエネルギーをもらってしまったなと感じる時は、今住んでいる家にある神棚に向かって手を合わせることにしています。そして神様に、私を苦しめている、私に属さないエネルギーを全て取り除いてください、とお願いします。すると、全身総毛だつような感覚と共に、私のエネルギーフィールドにあったネガティブなエネルギーがスーッと浄化されていくのを実感するのです。その後はきまって、スッキリと憑き物が取れたような感じがし、思考もクリアーになって体も軽く感じます。

 

 神棚にも大変お世話になっていますが、悩んでいることや疑問などがあると、私は場所や時間を問わず、とりあえず高次の存在に助けを求めます。教えてください、とか、助けてください、とメッセージを送るのです。そうすると、何らかの形で答えがもたらされたり、助けとなるようなヒントがやってきたりします。それも、具体的な言葉でやってくることもあれば、本や人を介してもたらされることもあれば、気づきという形でやってくることもあります。

 

 

 手を合わせて心静かに祈っていると、頭のおしゃべりが静かになり、高次の存在とのコミュニケーションがとりやすくなるように感じます。”繋がる”感覚がより得やすくなる感じです。様々な祈りの形がありますが、自分という存在を謙虚に受け止め、人知を超えた力の助けを借りることができる、宗教を超えて私達を助けてくれる手段だと思っています。